廃線跡の旅26
廃線跡の旅26
○別海村営簡易軌道・風蓮線(平成18年7月)


 別海村営簡易軌道 その1

 別海村営簡易軌道(風蓮線)は、北海道の奥行臼から上風蓮までの13.2kmを走っていた路線である。
 その起源は大正15年開業の北海道殖民軌道根室線で、その一部、厚床−風蓮間、および昭和13年に延長された風蓮−上風蓮間の風蓮線を前身とする。
 馬力で運転されていたが、昭和38年、動力化のための軌道強化に際して接続駅を奥行臼に変更し、奥行臼−上風蓮間となった。
 その後道路整備の進捗に伴い、昭和46年に廃止された。
 奥行臼停留所跡にはディーゼル機関車と、牛乳缶輸送用の貨車が保存、展示されている。


 別海村営簡易軌道 その2

 奥行臼停留所跡には転車台の跡も残されている。


 別海村営簡易軌道 その3

 小型のディーゼルカーも保存されている。軌間762mmであることもあり、かなり幅の狭い車体である。
 本線の位置にレールが敷かれ、停留所の位置に車両が置かれているようだが、ホームの跡は見られない。ただ、当時の写真を見ると、もともとホームはなかったようである。
 線路はこの先道路を横断した後で左へ曲がり、国鉄奥行臼駅前まで続いていたようだ。


 別海村営簡易軌道 その4

 ディーゼルカー横に建っている建物は、一見普通の民家風であるが、奥行臼停留所の待合室、事務所である。つまりは駅舎ということになる。整備、保存されているようだが、内部は公開されていない。窓からのぞくと現役当時の構内配線らいし図が掲示されていた。


 別海村営簡易軌道 その5

 車庫の跡も残っているが、これは保存整備はされていないようで、屋根は落ち、草に埋もれていた。


 別海村営簡易軌道 その6

 線路跡は草叢を抜けて牧草地へと消えてゆく。
 最盛期には全道で600kmを超えた北海道殖民軌道〜簡易軌道であるが、道路整備の進展とともにその役目を終え、昭和47年、浜中町営軌道を最後にその姿を消した。

参考文献
北海道の鉄道、田中和夫、北海道新聞社(2001)